大阪マラソンのエントリー権を得たふるさと納税の還付を受けるため確定申告に行ってきました。

 

昨日確定申告に行ってきました。

普段行くことないのですが、去年大阪マラソンふるさと納税エントリー権が得られる制度を利用して出場。大阪スポーツ応援ランナーというやつです。

確定申告はその還付を受けるためです。

 

大阪マラソンの結果は撃沈。

 

まあ、練習してませんから。

でも楽しかった大阪マラソン♪ これもふるさと納税のおかげです。

大阪マラソンのふるさと納税は10万円

 

なかなか高いので躊躇したけど、最大で98000円還付されるとのこと。ホントのところはどうなのか実際に市役所でいくら還付されるか事前に確認もしてきました。

 

この時は年収や住宅ローンの控除の兼ね合いもあって95,900円の還付が受けれるとの説明でした。実質4,100円で大阪マラソンのエントリー権が獲得できるというわけです。

 

ただし…

確定申告をちゃんとやった場合に限ります。

当たり前ですね。

 

大切に持っていたふるさと納税受領書

この受領書が大事ですね。

 

さて、この紙一枚と源泉徴収票、それにマイナンバー、印鑑くらいで行くつもりだったけど、妻からどっさりと書類を渡されました。

なんじゃいこれ!?

 

病院の領収書やら、医療費控除明細書(医療費の確定申告に使う書類)、妻の職場からの医療費の補助金通知書、医療費のお知らせなど…。しかも医療費控除明細書には金額が書き込まれてて、その根拠となる書類はこれとこれ!とか説明してくれるけど、分かったような分からんような。

 

まあ、行ったら何とかなるでしょ。

妻のこういうところホントに助かるなぁ~と思います。書類読むだけで眠くなりそう…。

 

そうそう。今まで知らんかったのですが、妻は毎年確定申告に行ってるそうな。医療費が10万円を超えると還付があるとのことで。

やたらと詳しいわけだ。

 

さて、夕方に向けて空いてくるという妻情報で、3時頃に行きました。

地元の市民会館で確定申告の相談会場が用意されてました。期間は2月16日~3月15日まで。

順番待ちのカードを受け取って10分くらいでしょうか。

 

呼ばれました。

よろしくお願いします!

 

これありますか?あれありますか?

はい、これです。はい、こちら。

 

妻の用意してくれてる書類が消化されていく。

さすがじゃな。

 

結局、10分ほどのやり取りで無事終了♪

ふるさと納税の還付は98,000円でした。お!実質2,000円。

 

事前に市役所へ行ったときの金額より還付金は多くなった。最大の控除額ですね。

その時も説明してもらいましたが、年収が変わってる場合は最大の控除の可能性もあるという説明でした。

その通りになりました。

 

良かった良かった。

 

そんなわけで大阪マラソンのふるさと納税の確定申告無事に終了しました♪

 

Follow me!たまに更新!

大阪マラソンのエントリー権を得たふるさと納税の還付を受けるため確定申告に行ってきました。” に対して1件のコメントがあります。

  1. 中尾 良孝 より:

    確定申告早いですね、僕はまだまだ。そろそろ資料を、と思ってるところです。
    大阪市にふるさと納税頂きありがとうございます。吉村市長に代わり大阪市民を代表して衷心より御礼もうしあげます。次回もお待ち致しております(揉み手)。
    僕もふるさと納税を2件しました。一件は返礼を頂き、他の一件は返礼を辞退しました。あまり知られていませんがかなりの豪雨災害が発生した岡山県和気町(タカさんがファミリーサイクリングに行かれた町)にです。声高に言えるような額ではありません、ささやかな気持ちです。

    1. taka より:

      ふるさと納税制度は国と泉佐野市がやりあってますね。
      メリットがあるので行う人が多いと思うのですが、本来は善意で行うべきだという国の主張も分からないでもありません。
      難しい問題ですが、もう少し原点に立ち返る必要があるとは思います。
      そんな中で返礼を辞退されたのは素晴らしいことですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください