マキタの充電式草刈機「MUR186LDRF」導入♪18Vバッテリーでも作業時間は結構短い!

 

墓掃除がおっくうです。

年に2回か3回。いつも父と2人で行きます。

ウチの墓は山裾にあって、土の部分が結構多いんです。

放っておいたら草がボーボー、落ち葉も凄いことになります。

 

今年もお盆前の恒例の墓掃除。

あ~しんどいなぁ~。

と思ってたら親父が新兵器を導入してた。

 

マキタ充電式草刈機MUR186LDRF」。

 

墓掃除に草刈機とは。

その発想がなかった。静かなお墓のエリアで使ってもよいものかと。

でも、バッテリー式ということで、音の問題はクリアしますね。

 

父も草刈機にバッテリー式のものがあるとは知らなかったようで、ホームセンターで偶然見かけて「使える!」と思ったみたい。

 

さて、この草刈機、ループハンドルなので、横方向から縦方向まで作業できるので、斜面でも扱いやすいみたいです。

 

刃はΦ230mmのDCホワイトチップソー

低振動省エネらしい。省エネ??と思ったけど、刃の形状やD型にくり抜かれた穴で空気抵抗が良くなってそうなるみたい。

 

操作部分です。

高速中速低速モードへの切り替えと、草の密度で自動変速してくれる「楽らく」モードがあります。

 

バッテリーは18V 3.0Ah

これで作業目安時間は高速で約39分低速で約1時間55分

 

この時間が無負荷であることを知らんかった~!!

 

墓に移動。

さて、やりまっか。

 

バッテリー式草刈機の威力スゲーです♪

どんどん作業が進みます。

 

父が草を刈って僕が集めてゴミ袋に回収。

袋がいっぱいになったらゴミ捨て場に捨てにいきます。

 

 

作業が順調に進んでると…

 

「ん!?あれ??(父)」

 

20分ちょいくらいで草刈機が止まる。

 

もしや、バッテリー切れ?

 

はい、その通りでした。

 

「高速で40分いけるハズやで!」という父。

その時、草刈機のスペック知らん僕。

 

2人で何で??状態だったけど、草刈作業は8割くらいは終わってたでしょうか。

残りはなんとか今までの作業(剪定バサミちょきちょき)でカバーできました。

 

ちなみにバッテリーが切れても、少し放置して電源入れたらちょっとだけ回転してくれます。

その作業を何度か繰り返して刈った部分もありました。

 

次は予備のバッテリーを用意したほうが良さそうです。

 

とにかく、カタログ数値作業目安時間無負荷状態ということ。

草の密度によって負荷は変わるので、密度の高いところでは半分、それ以下になる可能性もありますね。

このことに注意して作業しましょう。

 

バッテリー式は充電がなくなると作業できないデメリットがあるけど、お墓で使えるくらい静かでした♪

 

作業時間大幅アップのバッテリー2個モデル

マキタ(Makita)  充電式草刈機 36V バッテリー2個付き MBC231DWBX

マキタ(Makita) 充電式草刈機 36V バッテリー2個付き MBC231DWBX

69,759円(10/17 12:17時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

Follow me!たまに更新!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください