仕事中に錆びた釘を踏んじゃった!調べたら破傷風で命の危険とのことで病院に行ったら…。

 

仕事中に古い木枠を片付けてる時に…

 

ふんぬっ!!

 

錆びた釘が靴裏を突き抜けて足の裏に突き刺さる。

2ヵ所。

体重乗っけたからまあまあ深い感じ。

 

刺さったのはこれ。

 

すぐに消毒もできず、1時間ほどしてからようやく消毒。

痛みはそんなにないけど、体重がかかると少し痛みがある程度。

 

その後、会社の業務システムの打ち合わせ。

錆びた釘踏んじゃった話をしたらシステム屋さんが「やばいんとちゃいますー!?」ってネットで検索。

 

破傷風(はしょうふう)

 

これにかかる危険性があるんだとか。

 

え!そうなん!?

僕もその場で調べてみる。

破傷風は、破傷風菌により発生し、かかった場合に亡くなる割合が非常に高い病気です。以前は新生児の発生もみられましたが、近年は30歳以上の成人を中心に患者が発生しています。
主に傷口に菌が入り込んで感染を起こし毒素を通して、さまざまな神経に作用します。口が開き難い、顎が疲れるといった症状に始まり、歩行や排尿・排便の 障害などを経て、最後には全身の筋肉が固くなって体を弓のように反り返らせたり、息ができなくなったりし、亡くなることもあります。(厚生労働省)

古釘(ふるくぎ)を刺したり、けがややけどをしたときに、汚れた傷に破傷風菌が入り増殖(ぞうしょく)すると、生産された毒素が末梢神経(まっしょうしんけい)や脊髄前角細胞(せきずいぜんかくさいぼう)をおかすため、たいした傷でなく治っても、1~数週間後に発病し、全身の筋肉のけいれんがおこり、約半数が死亡する危険な病気です。感染症予防法で5類感染症に指定されています。(コトバンク)

 

なんか怖くなってきた。

 

早々に打ち合わせを切り上げ、病院に行ってくるわーって会社のスタッフに言うと、破傷風予防の注射か点滴ですよー!!って言われてしまう。

別のスタッフからは父親が錆びた釘踏んで寝られんくらい激痛に襲われたという嬉しいエピソードも教えてくれた。

怖いやんけ~~。

みんなよく知っとるんやなと感心。

 

11時45分。

あと15分で午前の診療が終わる。

急いで病院に駆け込んだ。

 

そして、

 

そこそこ爺さんの先生登場。

 

診てもらう。

 

消毒と塗り薬でええやろ。

 

いや、体反り返って筋肉が硬直して最後には死に至るかもって病気にかかってるかもですよ!!

ちゃんと診てください!子供達がまだ小さいんです!!

 

…とも言えず、静かに看護師さんに手当してもらいました。

 

もし化膿したらまた来てくださいと。

 

ありゃ、こんなもんで終わりなんすね。

「錆びた釘=破傷風」って方程式はどこ行った?って感じ。

 

処方されたのは化膿止めの飲み薬と塗り薬でした。

ネットは最悪のケースなんですかね。錆びた釘を踏んだからって大慌てすることもなさそうです。

 

なんかスッキリしないので調べてみると、破傷風の原因となる破傷風菌は土の中なら50%の確立でどこにでも存在しているようです。

非常に高い確率で存在してますね。

ここで「錆びた釘=破傷風」という方程式が何故一般的に知られているのか疑問が出ます。

土の中の菌と錆びた釘が結び付きません。

でも、正しくは落ちて土の中の菌を付着させた釘を踏んだ場合みたいですね。破傷風菌は酸素を嫌うので道路に落ちてる釘に付着してることはないそうです。

さらに、浅い傷なら洗い流したり消毒は有効なのですが、釘を踏んだ傷は深くなってしまうのも破傷風になる確率を高めているようです。

あとは免疫ですね。乳幼児期に受けるワクチンにこの破傷風のワクチンもあります。でもあまり知られてないようですが10年でその効果は急激に低下するとのこと。12歳で追加接種するらしいのですが、そこから10年なので22歳でワクチンの効果は期待できません。個人の免疫力に頼ることになります。

なので子供の頃にワクチン接種を受けたから一生大丈夫というわけではありません。日常的に土を触る仕事や趣味の人は大人になってからも定期的にワクチンの追加接種をおすすめしますとありました。

とにかく発症したら、治療が困難で死亡する確率の高い病気とのことですが、破傷風を恐れて大人になってからも追加接種してる人なんておるんでしょうか?

僕の周りで破傷風で死んだ人や苦しんだ人っておらへんので、そもそも破傷風になってしまうのは非常に稀なケースで、かなり不運だったと言えるのではないかと思います。

 

 

そんなわけで、ちゃんと調べてみると「錆びた釘=破傷風」というわけでもないことが分かってちょっと安心。

ネットで調べると最悪のケースにたどり着くことが多いのでちゃんと調べてみることが大事ですね。

 

…って話でした。

でも足裏ちょっとズキズキしてます。

 

※コメントを頂き、踏み抜き防止の安全靴なる存在を知りました。確かにこれなら釘踏むことありませんねー♪

 

インソールもあるみたい。

 

Follow me!たまに更新!

仕事中に錆びた釘を踏んじゃった!調べたら破傷風で命の危険とのことで病院に行ったら…。” に対して1件のコメントがあります。

  1. 井上和人 より:

    見ているだけで痛いですが、勉強になりました。
    お大事になさってください、何事もないことを願っております。
    底にも鉄板が入った踏み抜き防止の安全靴、購入ですね!

    1. taka より:

      ありがとうございます!
      もう大丈夫っぽいです~♪
      破傷風って怖いけど、そんなに心配する必要もなさそうですね。
      踏み抜き防止の安全靴ってあるんですね。ビックリ!

      1. 井上和人 より:

        大丈夫そうで良かったです!
        踏み抜き防止の靴やインソールもあると思います!
        仕事柄使ったことがありませんので使用感、安全性まではわかりませんが、、、、
         
        お大事になさってください!!

        1. taka より:

          ありがとうございます!
          仕事では重量物を扱うので安全靴を履いているのですが、足裏のことも考えてみたほうがいいですかね~。
          今朝のランではもう問題なしです!

  2. ぽー より:

    はじめまして。同じような経験をし、色々辿った末たどり着いて読ませていただきました。
    怖いですね。その後、いかがですか?

    1. taka より:

      ぽーさん
      その後普通に何事もなく治りましたよ。
      破傷風はそんなに心配することもないみたいです。
      傷のある手で土遊びとか子供の頃しましたもんね。
      怖い病気ですが、心配しすぎる必要もないと勝手に思ってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください