キャンプで故障してたガソリンランタン コールマンの286・288 を修理してみました!

20160513_094139045_iOS

今年初キャンプで故障してたガソリンランタン。

夕方になって灯りが必要になってきたのでポンピングするもスコスコするだけで全く圧が上がりませんでした。(悲)

2016-04-29 17.30.24

なので、管理棟で電気の照明を借りました。

2016-04-29 17.30.08 HDR

 

ガソリンランタンの「シューッ」という音と灯りがいかにもキャンプという雰囲気を出してくれるのですがメンテナンスをちゃんとやったことがなかったので仕方がありません。

 

で、キャンプからしばらく経過してますが、原因を探ってみようと思います。

僕が使ってるのはコールマンの 286・288 というモデル。

 

「286」か「288」かどっちなんだ?的なモデル名ですが、「286・288」というモデルなんです。

20160513_094145917_iOS

マントルが2つのタイプなのでとにかく明るいです!!!

 

でも購入してから20年くらい経ってるので底の部分にサビもあります。ひどくなってきたらそのうち磨いて塗装でもしようかな。(もうすでにひどいような気もしますが・・・)

20160513_094205884_iOS

 

 

さて、圧が上がらないということは理由が3つ考えられます。

 

①燃料タンクに穴がある。

でもこれは考えにくいですね。燃料が入ってるレベルより下の穴だと燃料漏れるし、上だとそもそもサビもないので穴が開くハズがないですね。

 

②燃料キャップの不具合

まあ、見た感じですがこれも大丈夫。

 

③ポンピング部分の不具合

やっぱりこれですかね。

 

問題っぽいポンプノブ。とにかく取り外してみます。

20160513_094219110_iOS

 

ラジオペンチの先っちょをくぼみに入れて・・・

20160513_094343096_iOS

 

回転させると・・・

20160513_094350001_iOS

 

抜けました。おっ、こんな簡単に抜けるんですね。知らんかった~!

20160513_094751441_iOS

 

ポンプノブの奥が燃料タンクに圧を送る部分になるんですね。

20160513_094757212_iOS

 

抜けたポンピングの部品。

20160513_094856727_iOS20160513_094903365_iOS

 

・・・・・

 

ん~。経験がないのでどこが悪いのかさっぱり分かりません。

 

一回戻してみます。

 

で・・・ ポンピング。

20160513_094939679_iOS

 

なぜが圧が上がります。

 

な、何で???

 

燃料バルブを回してみます。

 

「シュッ ・・ シュー ・・・・・ シュ ・・・ 」

 

ん?気化した燃料が出てくる音が不規則で調子悪そう。

 

ま、とりあえず点火。

 

ぎゃー!火事だぁ~!!

 

メラメラとマントルをすっぽり包む炎。

同時にススがベンチレーターから出ております。

写真撮るどころではありません。(焦)

 

一旦バルブを絞って消火。

 

その後、圧を上げてバルブを回す作業を数回繰り返すと燃料の気化した音が正常になりました。

20160513_095004310_iOS

 

そんなわけで、圧が上がらなかった理由も特に解明できずに直ってしまったガソリンランタン。

20160513_095018387_iOS

 

コールマンのサイトで調べてみると、ポンプカップという部品がなにやら変な感じになってたみたいです。

20160513_094856727_iO

 

ガソリン器具用のポンプパッキン
ポンピングに手応えを感じなくなったら交換時期です
交換時には専用オイル「リュブリカント」をご使用ください

コールマン ポンプカップ&プッシュアンナット

コールマン ポンプカップ&プッシュアンナット

519円(11/24 18:16時点)
Amazonの情報を掲載しています
コールマン リュブリカント 149A5361

コールマン リュブリカント 149A5361

757円(11/24 18:16時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

ホントは分解してメンテナンスをしたほうがいいと思いますが、面倒くさがりの僕はここまで。

とにかく今度からキャンプに行くときは前もって点火して不具合がないか確認するようにしようと思います。

 

そんなタイミングで子供達と妻が帰ってきました。

20160513_095039235_iOS20160513_095043138_iOS

「何してんのー?」

「キャンプで故障してたランタンの修理やで」

 

「へーちゃんと点いてるやん♪」

「ま、まあな・・・」

(何もしてませんけど・・・)

20160513_095744510_iOS

 

さて、消しましょ。

20160513_100404966_iOS

 

保管するときは燃料キャップを少し回して中の圧力を抜いておくことを忘れずに・・・

20160513_100422998_iOS

 

今度キャンプの時に同じことにならないようにポンプカップとリュブリカントを購入しておきました。

 

 

さて、後日談。

やっぱり調子の悪いランタン。

圧がかからなかったり、かかったり。

購入しておいたポンプカップを交換することにしました。

20160814_222851022_iOS

 

ポンプノブを取り外します。

20160814_222932290_iOS

 

う~ん、やっぱり何が悪いのか全く分かりません。。。

20160814_223707077_iOS

 

ポンプカップを固定しているワッシャーを取り外します。

ちょっと曲がっちゃいますが、ラジオペンチで無理やり取り外しました。

曲がってもいいでしょ。どうせポイするんだし・・・

20160814_223744184_iOS

 

こんな感じになりました。

20160814_223822606_iOS

 

さて、ほんなら交換しましょ。

20160814_223839845_iOS

 

裏側に取り外しの手順が載ってました。やっぱりラジオペンチを使うんですね。

20160814_223900615_iOS

 

取り外したのと新しいのを並べてみてビックリ。ポンプカップの大きさが違います。

20160814_223959407_iOS

 

下が交換する新しいポンプカップ。直径は約23mm。

いままで使ってたのは約20mm。

たった3mmほどですが、サイズ感は結構違います。

20160814_224201490_iOS

なんどもポンピングするうちに擦れて消耗してたんですね。

全然知りませんでした。

 

にゃるほど・・・

こりゃ圧も逃げますわな。

 

新しいの取り付け完了。

20160814_224405755_iOS

 

ランタンに戻します。

20160814_224453840_iOS

ゆっくりと押し込んでいきますが、すでに前の状態よりも強い力が必要です。

 

固定完了。

20160814_224541177_iOS

 

さて、お次はリュブリカント。

潤滑用の油です。

ゴムの擦れが和らぐんですね。

 

潤滑油を注入すること自体・・・

 

全然知りませんでした。

 

使い方は袋の後ろに記載があります。

2、3滴をポンプノブの横の穴から注入せよとのこと。

20160814_224607967_iOS

ポンプノブの横の穴ってそういうためにあったんですね。

 

全然知りませんでした。

 

っていうか穴の存在すら・・・

 

全然知りませんでした。

 

では、注入。

・・・・・

20160814_224732542_iOS

この状態でどうやって2、3滴が分かるんじゃー!?

ランタンをそのままにした状態で注油しようとすると穴にリュブリカントの先端を突っ込まないと上手く注油できません。

 

あ、ランタン傾けたらええのんか!

ということに気付きました。

20160814_224917968_iOS

これだと2、3滴が分かります。

ま、適当でもいいような気がしますが・・・

 

注油後は油がなじむように何度かポンピングしておきました。

交換前と明らかに違う感触。

購入当初はこんな感触だったんでしょね。

 

さて、こうやって交換してみると全然知らんかったことばかりでした。

 

前回のキャンプでは突然のランタンの不具合にちょっとテンションダウンしましたが、そうならないためにもランタンの消耗部材は早目の交換が望ましいですね。

僕はこれでもう二度と同じ失敗はしないハズです!

 

コールマン ポンプカップ&プッシュアンナット

コールマン ポンプカップ&プッシュアンナット

519円(11/24 18:16時点)
Amazonの情報を掲載しています
Coleman(コールマン) 216-1091 ポンプカップ

Coleman(コールマン) 216-1091 ポンプカップ

275円(11/24 20:19時点)
Amazonの情報を掲載しています

↓耐久性のある皮製ポンプカップ

↓えーい、しゃらくせー!丸ごと交換してやるぜっ!

コールマン ポンププランジャー一式 220A6201

コールマン ポンププランジャー一式 220A6201

2,840円(11/24 23:12時点)
Amazonの情報を掲載しています
コールマン リュブリカント 149A5361

コールマン リュブリカント 149A5361

757円(11/24 18:16時点)
Amazonの情報を掲載しています
コールマン エコクリーン 4L 170-6760

コールマン エコクリーン 4L 170-6760

2,862円(11/24 10:18時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

Follow me!たまに更新!

この記事を書いた人 TAKA

兵庫県在住の個人ブロガー 子供は3人

キャンプで故障してたガソリンランタン コールマンの286・288 を修理してみました!” に対して2件のコメントがあります。

  1. 青柳 より:

    大変参考になりました。実は、私も現場でスカスカして圧が上がらず、使用不能でした。多分ポンプが悪いのだと思いました。ポンプごと3000円弱で買うとこでした。カップとオイル早めに購入しようと思います。
    ありがとうございました。

    1. taka より:

      参考になってよかったです。現場でスコスコ…。凹みますよね~。ポンプごと交換できるんですね!し、知らんかったです。こちらこそありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください