腰痛持ちの僕がベッドをキャンプ用コットにしたら腰が楽チンで目覚めも超スッキリ~♪

 

昔から腰痛持ち

遡ると学生時代から。

 

高校から大学卒業までやってたハンマー投げ

筋トレでは高重量のものを扱ってましたからね。

 

腰痛はこの頃の無理がたたったんでしょうか?

 

腰は慢性的調子悪く、年に1回か2回くらいはベッドから起き上がるのも苦痛な状態になります。

それ以外は大丈夫なんですけどね。

 

でもその大丈夫ってのは100%ではなく80とか90とか、そんな感じ。

ふと気が付くと腰に手を当ててたり、ポンポン叩いてたりします。

 

腰を曲げての作業が超苦手で、曲げ続けるとその形に固まってしまうんです。

固まったら真っすぐな状態に戻りにくいんですね。戻すにはラジオ体操のように腰に手を当てて一旦後ろにのけぞる必要があるんです。

 

グギギギ…

油の切れた機械みたい。

 

高齢者が農作業してて、立ち上がる時ってそんな感じ想像できますよね。

同じです。

 

さて、そんな腰痛持ちにはベッド重要

でも家のベッドが合ってる感じでもない。

 

寝室には2台のベッドを並べてて、家族5人が川の字になって寝てます。

シモンズのベッドに最初寝てたけど、スッキリした目覚めにならないのでフランスベッドのほうに移動。

こっちのほうがややいい感じ。

でも、やっぱりスッキリした目覚めにならないし、起きたら腰が痛かったりする。(毎回じゃないけど)

 

そうならないように、巻いたタオル腰に当てて寝ることもあります。

腰とベッドの隙間にタオルを入れるだけで、楽チンになるんですね。

でも寝返りうってタオルもズレるので、効果があるのは最初のうちだけ。

 

まあ、そんなこんなで腰痛持ちの僕はスッキリとした目覚めになることが滅多にないのですが、最近めちゃんこスッキリした目覚めになるんですよね~♪

へっへ~♪

 

それが、キャンプ用ベッドコット

前々からコットの寝心地が超気持ちええ~って思ってて、その気持ち良さを自分なりに調べて反発性体圧分散バランスが良いと結論付けました。

 

で、腰痛解消のために家のベッドも見直す必要があるのぉ~と思ってたら、いっそのことコットをベッドにしたらええんやないの?って思ったわけです。寝室にコットってどうよ?って感じもするけど健康のためです。

 

妻はトゥルースリーパー買ったら?1万円引きやで!って新聞広告見せてくれたけど、まずはコットを試してから。

 

家にある2つのコット。

寝比べ。

 

寝心地は甲乙つけがたい。

 

でもコールマンのほうが大きいのでこっちに決まり。

 

そんなわけで寝室に持ち込んでみました。

 

おい!

 

のいておくれやす…

 

コットで寝るようになってから1週間くらい経ちますが、腰の痛みハリなくなっただけでなく、目覚め超スッキリするようになりました。

よ~寝た~!!!って感じ。

 

体圧分散できてるからやと思います。

起きる時だけじゃありません。眠りにつく時もスーっと眠りにつけてます。

 

もっと早くコットにしとけば良かったと後悔。

 

今期待してるのは慢性的腰痛の原因となってる何かちゃんと治ること。

それが何か分からんけど(たぶん変形歪みみたいなものやと思ってますが)、コットに寝続けることによって身体の自然治癒力のようなものの効果をコットが最大限に引き出してくれへんやろかと思ってます。

 

これについては半年とか1年とかの期間が必要かと思うので効果を感じた段階でまた報告しようと思います。

 

そんなわけで腰痛持ちの僕がベッドをキャンプ用コットにしたら体圧分散のおかげで腰が楽になって、睡眠の質が上がり、結果目覚め超スッキリしてますという話でした♪

腰痛持ちがみんなコットがいいとは思わないけど、試してみる価値はあると思います。

 

コールマン(Coleman) コット トレイルヘッドコット 2000031295

コールマン(Coleman) コット トレイルヘッドコット 2000031295

5,341円(08/24 12:47時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

Follow me!たまに更新!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください