一眼レフを腰に吊り下げて両手がフリーになる!SPIDER LIGHT HOLSTER SET を購入♪

 

シャッターチャ~ンス!

 

でも

手元にカメラがない!

 

お!ちょっと待ってくれ!!

 

カメラを取りにいく。

はい!もう一回。

 

こんなことってちょくちょくあります。

なんでこんなことになるのかって考えると、答えは簡単。

 

ストラップを首にかけておくのが邪魔なんですね。

かがむとブランブランするし、3歳の長男を抱っこするのも困っちゃうし。

ストラップで両手はフリーになるけど、体の前にあるカメラには結構気を遣うんです。

なので、体を結構使いたいときはその辺に置いておくかバッグにしまっておく。

 

結果シャッターチャンスを逃してしまうんですね。

 

そこで、今回の商品というわけ。

腰に吊り下げて両手がフリーになるという優れもの。

 

SPIDER LIGHT HOLSTER SET です。

ミラーレス一眼や軽量一眼レフカメラ用です。

 

もっと安いのもあったけど、一眼レフを安い商品に預けるのは怖いので、頑丈で評価の高いものにしました。

 

基本はホルスター(左)プレート(右)の2つ。

見るからに頑丈そうですね。

 

こちらがホルスターです。しっかりした商品♪

 

裏側。ベルトに引っ掛ける部分。

こちらもなかなか頑丈。結構固い。

安心感ハンパないです。

 

こちらがカメラに取り付けるプレートです。

 

この丸い突起ホルスター合体するんですね。

 

こんな感じです。

しっかりしとります。

 

さて、このホルスターのレバー位置が重要。

写真のように下を向いてる時は、プレートは上がりません。

 

レバーを上にするとプレートが外れます。

 

プレートを入れると勝手ロックがかかり、レバーを上げてロック解除です。

これだとどんな姿勢でもカメラが落下することはありません。

 

基本的にはこの使い方かと思いますが、ロックのかからない使い方もできます。常時フリーですね。

その時はレバーを一番上にします。ロック解除の位置よりも上です。

よくできてます。

 

さて、プレートをカメラに装着してみました。工具を使わなくても装着できます。

さて、この時重要なことに気付きます。

 

ストラップ邪魔…

 

腰にカメラを吊り下げるとストラップも垂れ下がっちゃいます。

クルクル巻いてゴムバンドなんかで固定?

 

ありゃ、これどうすんのかな。

ストラップも使いたいし、腰で吊り下げる時は外したい。

 

ええもんありました。

これです。SNAPJOINT SET(スナップジョイントセット)。

 

購入したレビュー記事がこちら。

 

さて、そのSNAPJOINT SETを取り付けてから、改めてプレートをカメラに装着。

 

ホルスターをベルトに引っ掛けてカメラを吊り下げました。

 

両手が完全にフリーになって超快適♪

トレッキングに、キャンプに仕事に使えそうです。

 

最後に動画を貼り付けておきます~♪

 

リュックのショルダーストラップに取り付けるアダプターも欲しいかも~。

 

ちなみにプレート取り付けたままだとこんな感じで自立します。

後ろに転倒する感じもないので、これはこれでええかも。

 

その後ちゃんと使ってますよ~。めちゃいい!撮りたいときに腰にある!

 

SPIDER LIGHT HOLSTER BOX SET

SPIDER LIGHT HOLSTER BOX SET

9,800円(09/26 11:15時点)
Amazonの情報を掲載しています
spiderholster Spiderlightバックパックアダプタ

spiderholster Spiderlightバックパックアダプタ

17,202円(09/26 11:15時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

Follow me!たまに更新!

この記事を書いた人 TAKA

兵庫県在住の個人ブロガー 子供は3人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください