Canon 単焦点広角レンズ EF-S24mm F2.8 STM がええ感じ!おお~おおお~♪

 

新しいレンズ~♪

24mm単焦点広角レンズです。

 

超ちっこい。薄い。

パンケーキみたいなので、パンケーキレンズといいます。

 

EOS 70Dに装着。

 

いいぞいいぞ。

かわいらしいのぅ~♪

 

単焦点レンズは2本目。

1本目は50mm

 

この単焦点50mmレンズもええんやけど、画角が意外に狭い!

意外というのは単に僕に知識がなかっただけなんですけどね。

 

次の写真は単焦点50mmレンズで撮ったものですが、撮る時は結構後ろに下がらないとアカンのです。

 

ズズズ…

もうちょっと…

画角が狭いってことは、広くするには後ろに下がるしかない。

 

ズズ…

 

こんなもんかな。パシャ。

 

そんな場面がちょくちょくあって、画角の広い広角レンズが欲しかったんですね。

とにかく単焦点50mmレンズは部屋のような限られた空間で全体を撮りたい時は絶望的に無理があります。

 

これはイメージセンサーの話につながります。

これはちょっと専門的なのですが、イメージセンサーっていうのはレンズからの光を受けるところ。

それが一眼レフでは2種類あって、大きいのと小さいのと。

大きいのはフルサイズ

小さいのはAPS-C

 

僕のEOS 70DはAPS-C。小さいほうです。

フルサイズが搭載されてるのは上級機種が普通です。

 

さて、レンズの何mmというのはフルサイズで使ったときの数値で、APS-Cの場合は違います。キャノンはフルサイズの1.6倍ニコン1.5倍になります。

つまり50mmのレンズをAPS-Cで使うと50×1.6で80mmになっちゃうんですね。

今回購入した24mmも同じ。

24×1.6で38.4mmってことです。

 

初めて50mmの単焦点レンズ装着した時に、思った以上に画角が狭いのに少々ビックリしたんです。

そりゃそうですね。実際は80mm換算ですもんね。

 

さて、50mmと24mmはどれくらい違うのかはこちら。

50mm。

 

こちらが24mm。

おお~

画角が広い~!

全然違いますね。

風景の撮影にも威力を発揮します。

 

それから24mmだと被写体にかなり近くまで寄ることができます。

おお~

近い~

 

このように風景から近くのものまでを得意としてるレンズです。

ズームレンズにはない利点のある単焦点レンズ

レンズ構成がシンプルなので明るいし、ボケ感も自由自在。

 

これから仕事でも使うことが多くなりそうなので、ガシガシ使っていこうと思います。

 

Canon 単焦点広角レンズ EF-S24mm F2.8 STM APS-C対応 EF-S2428STM

Canon 単焦点広角レンズ EF-S24mm F2.8 STM APS-C対応 EF-S2428STM

17,990円(04/03 23:23時点)
Amazonの情報を掲載しています
Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM

16,100円(04/03 23:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

Follow me!たまに更新!

Canon 単焦点広角レンズ EF-S24mm F2.8 STM がええ感じ!おお~おおお~♪” に対して1件のコメントがあります。

  1. しんや より:

    お買い上げありがとうございますっ!m(_ _)m
    このレンズ、ホント良いですよね〜♪
    我が家では、娘のメインレンズになってます。。。(^^;

    1. taka より:

      娘さんのメインレンズになってるんですね!
      奥さん譲りの写真のセンスがありそうですね。
      僕はこれから使いこなしていきます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください