今更やけどEOS 70DのWiFi機能とCamera Connectの便利さに気付く~!

僕が持ってるカメラはキャノンのEOS 70D。

結構古いモデル。後継機として80Dが出て、今は90Dになった。

古いと言っても70Dが発売されたのは2013年。僕が買ったのは2016年。既に80Dが発売されてたけど、型落ち品ということで新品を安く買ったのであります。

 

ミラーレス一眼もここ最近は増えてきました。気にはなるものの、故障するわけでもないし70Dを使い続けています。

さて、この70Dの便利な使い方を最近になって発見!

今更ですが、これみなさん使ってるのかな?って思いました。

 

その機能はWiFi機能とスマホのアプリ「Camera Connect」の合わせ技。

これ超便利 ♪

 

出先で家族写真を撮りたい。

近くの人に

「スミマセン!写真撮ってもらっていいですか?」

「あ、いいですよ」

「ここ押すだけです!」

「はい、いきますよ~、ハイ!チーズ!」

カシャ

「ありがとうございます!」

「確認してくださいね」

「はい、大丈夫です。ありがとうございました!」

って場面あるでしょ。

 

ここで写真確認してダメ出しできませんよね。

せっかく写真撮ってもらってるのに、失礼すぎます。

でも、あとでちゃんと確認すると、アングルがありゃ?だったりピントが合ってなかったり…。

 

僕は確認もそこそこに「ありがとうございます!」って言うタイプ。

 

とにかく時間を取らせてしまってるのでスピーディーに一連の流れを行うことになります。

子供がぐずったり、カメラの方向を見てなかったりしても、そこはもう妥協するしかない!

 

そんなわけで他人さんに写真を撮ってもらうのは写真の完成度にリスクを伴います。

 

さて、そこで登場するのがWiFi機能Camera Connectです。

これを使うとスマホで一眼レフの画像を確認しながらシャッターを切ることができるんです。

 

カメラ側で操作するのはWiFi機能をオンにしてカメラと接続します。

その時、オートパワーオフ機能が通常1分とかに設定してあると思うので、これを「しない」にしておきます。

電源が勝手に落ちると最初からやり直しになるのでご注意を。

 

さて、スマホでの操作。

WiFiでカメラと接続します。

 

それからダウンロードしたアプリ「Camera Connect」を立ち上げるだけ。

 

これでオッケー。

リモートライブビュー撮影」をタップするとスマホの画面に70Dの画像が送られてきます。

 

こんな感じ。

あとはピントと合わせたいところをタップしてシャッターボタンを押すだけ。

 

露出ISOの設定もスマホ側から設定が可能です。

 

さて、次は「カメラ内の画像一覧」をタップ。

 

一眼レフで撮った写真の画像が一覧表示されます。

ここからスマホに写真を取り込むことができます。

 

こんな便利な機能があるなんてホントに知らんかった。

これで他人さんに撮ってもらうことなく納得のいく写真の撮影が可能です。

 

さて、こちらはその機能を使って撮影した家族写真。

長男が顔の前でピースしてるのでもう一枚!

 

カシャ!これでオッケー♪

 

シャッターボタンを押すため僕の手にはスマホがありますが、「リモートライブビュー撮影」でセルフタイマーにすることも可能なのでスマホを見えないところに隠すことも可能です。

 

そんなわけで今更一眼レフの便利な機能に気付いたって話でした♪

 

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS70D ボディ EOS70D

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS70D ボディ EOS70D

98,000円(10/16 13:21時点)
Amazonの情報を掲載しています
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 90D ボディー EOS90D

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 90D ボディー EOS90D

148,500円(10/16 13:21時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

Follow me!たまに更新!

この記事を書いた人 TAKA

兵庫県在住の個人ブロガー 子供は3人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください